• HOME
  • Hair
  • インナーカラーが映えるお団子アレンジ

インナーカラーが映えるお団子アレンジ

Hair

〈ヘアアレンジ〉~インナーカラーが生えるお団子アレンジ~

今回はホリスティックキュアの26mmのコテ、
同じくホリスティックキュアのドライヤー、
N.・モイバーム・ジェミルフランのスプレーを使って、インナーカラーが入るお団子をアレンジしていきたいと思いまーす。

〈下準備〉~オススメのコテの紹介~

最初は、根元に強めにカールをつけていきます。
今回もホリスティックのドライヤーとアイロンを使っています。

このホリスティックのアイロンは、低音でもカールがつきやすいので髪へのダメージが少なくなるのと、ブリーチしても色取れが少ないです。今は170度くらいで巻いてます。

今回のモデルさんもですが、ブリーチを重ねてるとアイロンを使う時に色が飛びやすいんですけど、ホリスティックのアイロンは色が飛ぶってことがあんまりないです。

勿論100%ではないんですけど色飛びが少ないので、カラーをされてる方とかブリーチを結構重ねてる方には、心強いアイロンですね。

普通のコテだと150度でやっても巻きが入らないから、180度まで結局温度あげちゃうこととかありますけど、ホリスティックは140度でも結構な巻きが入りますし、温度が低いと巻けない!と言うことがないのでいいです。

温度を無駄に上げて髪の毛を痛めちゃうことがないです。

Q.トップはやっぱり巻いたほうがいいんですか?

A.巻けたら一番良いですが、結構難しいので基本的にカールがついてれば大丈夫です。

コツはパネルを前めに持ってって、巻いてくと良いかと思います。
コテを前に持ってトップの髪の毛を挟むと見えやすくてやりやすいと思います。

クレイツホリスティックキュア 26mm

15000円
(送料750円)

~ Slomee

11790 円
(送料0円)

~ Yahoo!

11700円
(送料0円)

~ 楽天市場

〈髪の毛のまとめ方〉~ゆるかわお団子の作り方~

今回は髪の毛が短い人でもできるようなお団子を作っていきます。お団子を作る時は手ぐしで作るほうがゆるくできます。

Q.結ぶ高さはどれくらいが良いですかね?

A.高さは好みな位置にはなるけども、ゴム結んだあとでも若干調整はできます。

結んだところの上を持って引っ張るとお団子の位置が上にいきますね。 根元巻いてたら、この時点でゆるく巻くだけでもうゆるふわ感が出ます。

結んだ毛先2つに分けて、片方を反時計回りに捻りながら結び目に巻きつけて毛先をピンで止めます。
もう片方の毛束は時計回りに捻りつつ、さっきとは逆の方向に巻きつけてピンを挿します。

ピンを止める時は結び目のゴムの上を通すと結び目が隠れてくれます。
ねじった上にピンを挿すと落ちてこないでちゃんと留まってくれます。
ピンを挿した後、両方の毛束から毛を引き出していきます。

Q.先にスプレーつけたほうがいいんですか?

A.好きな毛を好きなところまで引き出してからスプレーする、という順番ですね。
短い毛が出てきやすい場合は、スプレーして手で固定すると、かたちがキープされます


お団子じゃないトップの髪も、ちょっと引っ張ってあげてスプレーをかけると抜け感がでます。

髪の毛を引っ張って、張った状態でスプレーをかけたほうが、ワックスを使うよりもキープ力が持続しますよ。

〈ジェミルフランスプレー〉~いいとこ取りアレンジスプレー~

これはアレンジスプレーって言われてるもので、ハードスプレーとかと比べるとすごくアレンジしやすいスプレーです。香りも良くて、絶妙な柔らかさなのでアレンジもしやすいし崩れにくいという固いスプレーと柔らかいスプレーのいいとこ取りです。

ジェミールフランニュアンスアレンジスプレー100ml

1400円
(送料750円)

~ Slomee

1001円
(送料660円)

~ Yahoo!

1001円
(送料660円)

~ 楽天市場

見えてしまっている毛先の反対をクロスしていくと、ゴムあとの見えないお団子ができます。
少しピン打ちが難しいですが、毛先が隠れるようにピン留めてもらえれば簡単に平らにピンを挿しても大丈夫です。

今回モデルさんのインナーカラーを見せたいので、何もせずに後ろに持ってきます。
ちょっとだけ毛先ねじるだけで、毛先は敢えて遊ばせておいても良い感じになります。
結ぶ時はまとめがちですけど髪が短いので、毛先を遊ばせてる箇所はちょっと巻いたりして、ハネさせてあげてもいいですね。

インナーとかデザインカラーが入ってるところは最後に留めてあげると表面に出てくるので、途中で挟まず最後に留めたほうが色が目立って可愛いです。

後ろ髪は短いですが、まとまりました。
髪後ろの方は落として巻いちゃっても後毛っぽくなります。

落とした部分は最初に根元をしっかり巻いてるから軽く巻くぐらいがちょうど良いです。

バランス見ながら、毛先弱かったらカールを足してあげてください。
耳にかけても可愛いですね。

〈前髪セット〉~折れない巻き方のコツ~

まず、前髪巻く時は両サイドと真ん中の3つに分けます。
目に当たる真ん中の部分はしっかりカールを入れます。

前髪がよく折れちゃったりする原因としては、コテの角度を見ずに挟むからなので、
コテを持ったら鏡のあるほうにコテを向かせてから髪の毛を挟んであげると折れないです。

3つに分けたうちの両サイドの部分は横髪と流したいので、これも挟んで抜くように巻いていきます。

真ん中と同じように巻いちゃうとすごくカールがかかり過ぎちゃうので、
ちょっとダサくなっちゃいように自然と前髪が繋がるように巻きます。

スプレーは後ろ髪と同じようにふわっとさせたかったら、
髪の毛を引っ張ってからかけてください。

今回のアレンジ講座も北里さんでしたー!
夏っぽくていいアレンジです。
ありがとうございましたー!

ピックアップ記事

関連記事一覧