• HOME
  • Hair
  • 簡単!誰でも出来るボブスタイリング

簡単!誰でも出来るボブスタイリング

Hair

配信者:木村直継 (@kimutsugu)

〈下準備〉 ~髪を濡らす~

今日はボブのスタイリングを簡単にやっていきたいと思います。


まず、髪を濡らしていきます。朝起きた状態だとペタンとなっているので、ふわっとさせるために、トップの根元、前髪、もみあげといった部分の根元を霧吹きやシャワーで濡らします。しっかり乾かしてふんわりさせてあげることでかわいくなります。朝起きたら、寝癖直しという意味でもそうですが、毛先だけつけても直らないので根元を濡らしていきます。

トップと顔まわりの根元の髪を濡らして下さい。意外と襟足の根元もクセがある人が多いので、襟足も濡らしていきます。
すごくクセのある人なら別ですが全体を濡らす必要はないです。意外ともみあげの根元が変な動きをしているとハゲるので、もみあげは絶対濡らした方がいいです。

〈下準備〉 ~髪を乾かす~


ふわっと触るのではなく、しっかり指を頭皮にあてて、シャンプーをされる時みたいに触ります。シャンプーをされる時気持ちいいですよね。そんな感じで指をしっかり地肌にあてて動かすことで髪がふわふわしてくるので、しっかり指を当てて動かすのが大事です。そうすることで根元が起き上がってくるので、スタイリングもしやすいですし、クセがある人はクセがとれます。左右に動かしながらしっかり揉みましょう。

もみあげ部分は、後ろから前にしっかり引っ張って乾かします。基本的に、下を向いて後ろから前に乾かした方がスタイリングがうまくいきます。前から乾かすとハネるので、後ろから前に乾かします。

髪の毛で小顔に見せたい方は乾かす時に後ろから前に乾かすだけで、顔が髪で隠れるので、初めのドライがすごく大事です。髪の毛は前から後ろに乾かすと髪の毛が後ろに流れる癖がついて顔が隠れません。後ろから前に乾かすことが大事です。


朝髪を洗っているという人はこの段階がすんなりできると思うので。朝洗わない人はポイントだけ濡らしてということですね。できたらでいいですが、もし朝時間があればこの濡らすところをぜひやっていただきたいです。

 ~(N.シアーオイル)の紹介~


最近N.を推してます。シアーオイルというオイルです。巻く前につけておくことでケアもできます。N.シアーオイルをつけることによって、髪の毛を熱から守ってくれます。

~(N.ベーススプレー1)の紹介~


カールがすぐとれる人はスプレー1番のベース剤をつけて長持ちさせましょう。
今日はベーススプレーの1番をつけてやっていきます。熱保護成分が髪を守ってくれるのとスタイルの持続効果もあるので、巻くところにつけていきます。

コテ前の下準備として、熱からの保護とスタイル持続のためにベース剤をつけました。

コテ巻きについては、一番内巻きが簡単だとは思うのですが今回は外ハネにしたいと思います。

〈アレンジ〉 ~外ハネ~


コテは25ミリの長さです。外ハネにしていきます。人にもよりますが、いける人であればわけとらずに中間から滑らすようにして巻きます。ぐるっとやって巻きすぎるとダサいので、少しハネるくらいに巻いた方がかわいく仕上がります。あまりにも毛の量が多い人は2つに毛束をわけてやってもいいですが、一発でいけそうという人は一度に巻きましょう。コテを髪の毛の中間にいれて、滑らすようにしてクルンと巻きます。

初めてやる人はなかなか外ハネは結構難しいですよね。自分でやる場合は特に後ろが難しいと思います。

左右を巻いたら、後ろを巻きます。火傷に気をつけながら巻きましょう。後ろは横よりも厚みがあるので、2つに分けた方がいいかもしれないですね。
巻きがとれてしまう人は強めに巻いてもいいと思います。
本当に時間がなかったら、わけとらずにハネさせてこれだけで終わりでもいいんですけど、プラスちょっと簡単なことで変化をつけたいので、ちょっとだけ足していきます。

〈アレンジ〉 ~表面を内巻き~


表面付近の毛束をちょっととります。このちょっとというのがポイントです。ちょっととったら、今度は内巻きに巻いていきます。段が入っているという人もいると思うので、あまりにも髪の表面が短い人はやりづらいかもしれないですが。

内巻きにするのは細い毛束を何本か、がポイントです。全頭やってしまうと頭が大きく見えちゃうので。あくまでちょっとだけです。
このちょっとの毛束の内巻きを横に3つ4つ、ちょこっと足していきます。

反対サイドも同じく、だいたい1センチいかないくらいの毛束をとって内巻きをつくっていきます。本当にちょっとがポイントです。外ハネの上に内巻きを入れることで立体的になるし、かわいくなります。外ハネはくびれ効果があるので、内巻きにするより頭が小さく見えます。後ろも感覚で毛束をちょっととって、クルッと一回転くらい内巻きにします。この時やっぱり根元がふんわりしているとさらにかわいいので、時間に余裕のある人は乾かす時に根元をふんわり乾かしてほしいです。

今回のモデルさんの場合は、前髪が長めにあるのですが、結構髪が直毛なので単純に内巻きに少し巻きます。この前もやりましたが、一つで巻くのではなくて、何個かに毛束を分け取りながら巻くことで、後で細かい毛束感が出しやすくなります。

〈アレンジ〉 ~ふんわり仕上げる~


これでもうほとんど完成です。髪の根元がペタンとなる人はコテでボリュームアップさせることもできます。真上のふんわりさせたい部分の毛をちょっと取ってコテを頭皮近くに持っていき、毛束をぐるぐるとコテに巻き付けます。そしてほぐしてあげることでふんわり感が出せます。

これも毛束をちょっととることがポイントです。全部とってしまうとかわいくないので。

本当にトップの部分だけ巻くとふんわりします。前髪はふんわりしておくとやっぱりかわいいので、乾かした時にあまりふんわりしない場合は根元から熱を当ててふんわりさせましょう。

本当に簡単に終わらせたい場合は、外ハネだけで終わりでもいいですし、もうちょっと変化つけたい人はちょこっと毛束をとって内巻きをいれて、前髪の毛先を巻きましょう。
根元がペタンとなる人は、トップの毛をコテに巻き付けて、ふんわり感を出すといいです。これでほとんどできあがりです。

やっぱりふんわりするとかわいいですよね。

 ~N.スタイリングセラムの紹介~


スタイリング剤をつけます。ミルクタイプのN.セラムというものです。

みなさんスタイリング剤はちゃんとつけてますか。質感が今っぽく出せるのでスタイリング剤をつけるのはすごく重要です。2プッシュくらいを手に出して透明になるように伸ばします。

内側からつけることが大事です。表面につけると表面が重たくなってしまうので、内側につけます。常に根元が大事です。後ろの方が髪の毛が多いので、髪をめくるようにして後ろと内側に手を入れてつけます。横の内側にもなじませます。根元からふんわりしたい人はしっかり根元につけます。前髪や顔まわりは最後につけましょう。スタイリング剤は少なめにつけておいて、後から毛先に足していきます。

〈アレンジ〉 ~耳かけ~


横の髪を耳にかけるというのが結構重要です。横の髪の1/3くらいの内側の髪を耳にかけます。そして、上の髪をかぶせます。特に髪の毛の多い人はこれでスッキリ見えて見え方がかなり変わります。耳が透けて見えるので、今っぽい感じにできます。これを両サイド同じように行います。

最後に毛先を触りながら調節します。さっき前髪を小分けにして巻いたのは、毛束が細かく出た方がかわいいからです。全体のバランスを見ながら、隙間が見えるようにさいていく感じです。表面の内巻きにした毛を出すように巻いたところを触ってあげます。

スタイリング剤はなんでもいいというわけではなくて、今っぽい濡れたような質感が出せるものがいいです。
時間がない人は一部を真似してみていただけると嬉しいです。

 ~今回使用した商品ラインナップ~

  • N.シアーオイル
  • N.スタイリングセラム
  • N.ベーススプレー1

ありがとうございました。

配信者:木村直継 (@kimutsugu)

【店舗情報】
Ash 東戸塚店   クリエイティブディレクター:木村直継
住所:神奈川県横浜市戸塚区品濃町538-10 岡島ビル1F・2F
公式HP:https://ash-hair.com/salondata/detail/208/

この施術が0円で体験できるクーポンはsalomeeアプリから!

ここをクリック!

ピックアップ記事

関連記事一覧