• HOME
  • Coupon , Hair , 最新記事
  • 【0円クーポン付】簡単に今風にアレンジ?!ショートヘアの定番スタイリングを紹介します!

【0円クーポン付】簡単に今風にアレンジ?!ショートヘアの定番スタイリングを紹介します!

Coupon

配信者:木村 直継(@kimutsugu)

今日はショートヘアのスタイリングをやっていきます。

<事前準備part1> 〜髪の根元を入念に濡らす〜


まずはじめに「朝起きた」という想定でスタイリングを初めていきます。
ショートでもロングでも寝起きは根元がぺっちゃんことなっています。
ですので、最初は根元を濡らすことが大事になってきます。
特に前髪やもみあげ、トップの根元はしっかりと濡らしましょう。
寝グセがあるからといって毛先だけ濡らしていても根元がぺっちゃんこのままなので可愛く仕上がりません。

朝にシャンプーをする人だったらそれでも問題ないですが、なかなか時間に余裕がなくてシャンプーができない人は根元をしっかりと濡らすことを心がけてください。

根元を濡らす際に、家に霧吹きがある場合はそれを使って濡らすといいでしょう。
もし霧吹きがなかったら洗面台でお湯をとってパシャパシャ髪の根元を濡らしていきましょう。


これから根元を濡らしていきますが、濡らし方としては指で髪の根元に水をなじませるようにして揉み込みましょう。

<事前準備part2> 〜ふんわりと仕上がるように髪の毛を乾かす〜

次はしっかりと濡らした根元をドライヤーで乾かしていきます。
大抵の方は髪の毛を乾かす時に、地肌に指をしっかりと当てずに髪の表面を触るような感じで乾かす人が多いですが、根元を乾かす時は指をグッと地肌に当てて乾かしていきましょう。

みなさんがやってる乾かし方がダメというわけではなく、根元をふんわりさせるためには地肌に指を当てることが大事ということです。
ここで勘違いしてもらいたくないのが、指の爪ではなく腹で地肌に当てるということです。

パーマをかけている人はこういう乾かし方をしなくても根元がふんわりすると思っているかもしれませんが、パーマをかけていても根元をふんわりさせるためには指の腹を地肌に当てて乾かしていくことが大切です。
なので、面倒だと感じる方もいると思いますがサボらずに徹底するようにしましょう。

<スタイリング> 〜使い髪を小分けにして180度のコテで巻いていく〜

今回は「N.」というスタイリング剤をメインにスタイリングしていきます。
コテは熱いので髪の毛を保護するためのオイルなどを髪の毛を巻く前に塗ることをおすすめします。


すぐのカールがとれてしまうという人は「N.1番」を頭にふりかけてからセットすると長持ちします。


中には髪の毛を巻いてからハードスプレーをかける人がいますが、そのやり方だとほとんどカールが持たないので、ヘアスプレーは巻く前にかけるようにしましょう。

髪を巻いてもすぐにとれちゃうよという人は「N.1番」を使いましょう。
そうでもないよという人は「N.」のシアオイルを巻く前に少し軽くつけておくとより良い仕上がりになります。

ちょっとしたことなんですけど、やっぱり何もつけていない状態とつけるかでは髪の毛の負担も変わってくるので、普段よく髪を巻く人は髪のケアをマメにしましょう。そうすることで髪を綺麗に巻くことができます。
今回のスタイリングで使うコテはショートヘアなので26ミリの細めを使います。

スタイリングをする時に「髪の後ろに関しては自分で巻けるのか?」という疑問もあります。確かに髪の後ろ部分を自分でしっかりセットしようとすると難しいです。ですが、ショートヘアは正面から見たところでスタイリングが決まるので、前髪や顔周りに動きを足していく感じでスタイリングしていきましょう。

前髪に関しては1回で巻くとあんまり可愛くないので、めんどくさいけど多少小分けにして巻いていくと仕上がりが良くなります。

具体的に前髪を3箇所ぐらいに分けて巻いていきましょう。
さっきは根元をふんわりさせるのに頑張ったのでコテの部分では毛先を頑張りたいです。
先ほど根元をふんわりになるように乾かしていたのでより可愛く仕上がります

毛先を巻いていきますが、ある程度巻けていたら後はスタイリング剤でなんとかなります。
ショートヘアの場合は根元をしっかり乾かして毛先を巻き込むだけです。ダッカール(髪を止めるやつ)を使わなくても大丈夫です。

巻く時のポイントとしては小分けにして巻いていくことです。
なんで小分けにするのかというと、今流行っているヘアスタイルというのは毛束感がすごい細い感じがウケているので、大きく巻くとこの細い感じがなかなかできないからです。
なので巻くときはできるだけ小分けにしましょう。

後ろはスタイリングが難しいので、軽くぽんぽんと内巻きにすればいいです。ちなみにコテの温度は180度で設定しています。

Q.コテの温度は変えますか?


A. コテの温度はすごく髪が細くて少なくてとか、カールがですぎちゃう人の場合は変えます。
でも基本は180度から変えません。むしろ、髪が硬くて190度にすることはありますが、ほとんど180度にしています。今回のスタイリングとしては根元をふんわり乾かして毛先をただただ内巻きにしただけです。

<完成手前> 〜スタイリング剤を髪になじませて形つくる〜

今回使うスタイリング剤は「N.セラム」というもので、これを使ってさらっと仕上げていきます。

2、3プッシュぐらいスタイリング剤を手に取り、白いのがなくなるぐらいしっかりと手の全体になじませるようにしましょう。


みなさんはセットの時に上からガッとやる方が多いのですが、内側から指を入れていく感じでスタイリング剤を髪の毛全体になじませていきます。


そうすると手についているセラムがなくなってくるので、そのタイミングで表面にセラムをなじませていきましょう。
今の時代はスタイリング剤が一番大事です。


スタイリング剤でほとんど決まると言っても過言ではないですまた、最近髪を耳にかけるスタイルが多いので好みで髪を耳にかけてみるのもいいでしょう。

横髪を3分割した時に3分の1ぐらいを耳にかけて、残りの3分2をかぶせます。
もみあげ部分にかかってそのあたりに毛が落ちて、見た目がだいぶ変わってきます。


重たい感じの左に対して右側は耳が透けて見えて、これが抜け感になります。

これはロングの人もすると良いでしょう。

<完成> 〜前髪に細かい毛束感与えて透け感と抜け感を演出する〜

細かいことをいうと前髪をちょっと頑張った方がいいでしょう。さっき細い毛束になると可愛いと言ったので前髪を櫛で裂いていきます。
そうすると細い毛束感ができます。

少しおでこが透けるぐらいになると可愛く仕上がります。

ポイントは、ショートヘアに限っていうと前髪ともみあげ周りと顔周りを頑張って、後ろに関してはざっくり巻いてスタイリング剤をつけてれば十分です。
後ろを頑張ろうと思ってもそんなに後ろってカットが良ければ問題ない部分なんです。これが基本的な最近の可愛さです。

今日は風が強くてセットが崩れてしまうよという時は「N.5番」のスプレーをかけてキープしましょう。

普通のVO5とかのスプレーだと髪が傷んでしまうんです。理由はキューティクルにスプレーがかかってシャンプーをした時にキューティクルを剥がしてしまうからです。でもこの「N.5番」のスプレーはそこまでキューティクルを剥がしたりしないソフトな仕上がりなので髪に優しいんです。
VO5は固まりに関しては良いのですが、髪のダメージを気にするなら控えた方がいいでしょう。

これまでのポイントをおさらいすると、根元から濡らしてふわっと乾かして、後はショートヘアの場合は毛先をコテで巻いていきます。巻く時はできるだけ細く巻いて、後はスタイリング剤を内側からつけましょう。前髪は透け感や抜け感を出すために細かい毛束感を作ってあげます。

後は髪を耳にかけたりしたら今風アレンジにもできるということです。

以上がショートの定番のスタイリングになります。
ありがとうございました。


配信者:木村 直継(@kimutsugu)

【店舗情報】
Ash 東戸塚店
住所:神奈川県 横浜市戸塚区品濃町538-10 岡島ビル2F
電話番号:045-821-5707
HP:https://ash-hair.com/salondata/detail/208/

【アプリから0円クーポンGET!】
この施術が0円で体験できる!
salomeeアプリで大人気のクーポンをGETしよう。

ここをクリック!

【salomeePressの最新の記事をチェック!】

関連記事一覧