• HOME
  • Hair
  • 簡単!ニュアンスショートの作り方

簡単!ニュアンスショートの作り方

Hair

配信者:佐藤 比香瑠(@sugarlight21)

こんばんは。AnZieの高遠です。
今回はニュアンスショートのアレンジをしていきます。
よろしくお願いします。

今は髪の毛をシャンプーして濡らした状態です。
先ずはしっかり髪の根元をワシャワシャする要領で振りながらドライヤーで乾かします。

〈レプロナイザー〉 ~レプロナイザーの紹介~

これは風量があるので早く髪の毛が乾いて艶も出て傷まないドライヤーです。レプロナイザーと言います。
レプロナイザーで乾かすと綺麗な艶が出るんですよ。
これで乾かすとふんわりして髪にボリュームが出るので髪の毛がぺたんこになりがちな人にもお勧めしています。
それだけでは無くて、髪を乾かしているだけで髪の水分量が上がるというところもこのドライヤーの凄いところです。このドライヤーを2時間髪に当てたらどうなるかという検証で、見事2時間後に髪の毛の水分量が上がったという結果が出たんです。凄いですよね。
正直、このドライヤーよりいいドライヤーに出会ったことがないと言い切れるくらいの代物です。

髪を乾かす時は最初前髪などのくせ毛を矯正するために分け目と反対方向に乾かします。

髪の癖とは逆方向に乾かすと、髪の毛が自然に真っ直ぐになってくれます。

〈ポイント〉 ~髪の毛のボリュームの出し方~

乾かすポイントはとにかく最初は毛先の濡れてるっていうのは無視して、
とにかくシャンプーするように指の腹を使って優しく頭皮をこすります。
そうすると根元がふわっと起き上がるんです。
髪の根元を振りながらドライヤーをあてないと地肌が熱くなってしまうので気をつけてください。

〈ヘアビューロン〉 ~ヘアビューロンの紹介~

今回使うヘアアイロンはヘアビューロンというレプロナイザーと同じ種類の傷まないカールアイロンを使います。
ドライヤーをかけた時点で艶が十分に出るのでブローは基本していません。
今、手ぐしだけでとかしています。ブラシ入れてないのにツヤツヤになります。

ショートは巻きすぎないほうが可愛いのでワンカールで決めていこうと思います。ヘアビューロンを使ってやっていきたいと思います。
温度は180度でいきますね。

ショートのときは、大体動きを入れたいのはハチ(頭のてっぺんとサイドの間の、最も出っ張っている部分)から上のところと前髪なので
後頭部の襟足部分はもう巻かなくて大丈夫です。

最初サイドの毛先3センチくらいからサッと内巻きワンカールを入れます。触覚部分にあたる髪がまだ巻きれてないのでここも巻きます。
上の方の束を取るのがポイントです。

Q.ヘアビューロンは使いやすいですか?

A.かなり使いやすいですね。艶の出方が半端なくて、普通のアイロンと全然違います。サイドも後ろも鉢から上はワンカールつけるだけでニュアンスが出ます。

〈前髪の巻き方〉 ~自然なカールをつけるコツ~

前髪は左右2つに分けて巻くとやりやすいかなと思います。
ポイントは前髪のカール部分とストレートな部分に分かれないようにすることですね。
これが結構難しいです。

ぐりんって巻きすぎるのではなく斜めに自然に流れるように巻きたいので、毛先はさっと熱を通すくらいで充分かと思います。
この後で今日オイルとN.のポリッシュオイルと、バームを使って
スタイリングしていくので先に熱だけ通しておきます。

ワンカールを全体に入れたら、ポイントで外巻きのワンカールを入れていきます。

場所はバランスを見つつ、前髪のすぐ横に顔周りと、もみあげ部分の一部分

と、あと耳の後ろの表面のひと束ですかね。


外ハネにしました。ワンポイントつけるときにやることなんですけど、両サイドのもみあげを細く取って外ハネになるように外巻きします。
ハイライトがアクセントになってて可愛いですね。

ワンカールを全体につけて、何箇所かに最後ニュアンスの外ハネをつけたので、
ここからスタイリング剤を付けていきます。
みんな大好きN.を使っていきます。

〈N.〉 ~N.(エヌドットバーム/ポリッシュオイル)の紹介~

N.のバームとオイル両方混ぜて使うとちょうどいい質感になるのでお勧めです。
1日保湿してくれながら持つし、乾燥も防いでくれます。
しかもセミウェットな感じがすごいおしゃれ。それなのに天然由来100%だから髪にも優しいです。香りは柑橘系です。さっぱりしてて良いですね。

〈スタイリング〉 ~N.を使ったスタイリングの方法~


N.バーム、シアバターをピーナッツくらいの大きさを手のひらに取ります。
ポリッシュオイルはちょっとだけ、量でいうと2振りくらいを取ります。

ここの美容室では付け替えられるノズルを使っているので半プッシュくらいを手のひらでしっかり伸ばしながら混ぜます。

手の上でシアバターとオイルが透明くらいになったら、髪全体と、特にワンカールつけたところあたりに付くように、根本のほうから手ぐしをソフトに入れていきます。


全体に馴染んできたら、トップの表面の髪を掬って分けて巻いたトップの表面にもしっかり手ぐしを通します。

細い毛束のほつれ感が作りたいので、根本のほうから付けすぎで過ぎてベタっとしないように中間から毛先にかけて指先に残ったスタイリング剤をつけてあげると、丁度良いと思います。

前髪には後ろ髪で使った時に残ったスタイリング剤をちょっとつけてあげると良いです。
もしあったら、これでも自然な感じでいいんですけど、コームみたいなので流してあげるといいと思います。
スタイリング全体をワンカール崩していくと、おしゃれな感じに、質感がいい感じにまとまると思います。

最後に、良い香りのトリアのスプレーを軽く付けたらニュアンシーショートの完成です。

Q.オイルとワックス、クリームどうやって使い分けてますか?

A.重くなりやすい髪質の方にはあんまりオイルをベタベタ付けるというよりかは、クリームタイプをお勧めしています。クリームタイプは重くならないんですけど、ほどよい質感になりますよね。そういう方にはクリーム使いますね。セラムを使ってから、その後は他の方は結構混ぜて使っちゃう。

〈使用アイテム〉 ~本日の商品ラインナップ~

レプロナイザー
ヘアビューロン
N.バーム、シアバター
N.ポリッシュオイル
トリア ヘアスプレー

ワンカールと外ハネだけで出来て簡単なので是非やってみてください。
ありがとうございました。またお願いします。

ピックアップ記事

関連記事一覧