• HOME
  • Hair
  • #リバースバルーン巻き♪柔らかい簡単巻き髪♪

#リバースバルーン巻き♪柔らかい簡単巻き髪♪

Hair

こんばんは。ヘアアンドビューティの平岡です。
今回は夏っぽくふわっと柔らかい雰囲気になるリバースバルーン巻きをご紹介していきます。
よろしくお願いします。

〈リバースバルーン巻き〉~夏っぽさを出す巻き方~

リバースフレア巻きは、洋服のフレア袖のように毛先を全て外ハネにしていく巻き方でした。今回のリバースバルーン巻きは、少し内巻きをミックスしていきます。

髪は基本、後ろに流します。
ダッカールで1段ずつ止めながらやると、やりやすいです。
まず、サイドの耳から上5cmくらいの毛束を取ります。毛束は真下に下ろした状

態で、少し斜め後ろにアイロンを引き抜いていきながら、外ハネを作ります。
リバース(後ろ)方向に毛先を流します。

どうしてリバース方向に流すかというと、真横や前にハネさせてしまうと、毛先がタコの足のようになってしまい、やりすぎ感が出てしまうからです。リバース方向に流すことで、顔に馴染むようになります。

1段終えたら、その上の段を巻いていきます。
また、5cmくらいの毛束を取り、次は毛先だけ内巻きにワンカールします。これも内巻きの最後は後ろ引き抜いていきます。これで髪の裾が外ハネ、2段目が内巻きになっています。

そして、トップまでの余っている毛束を3段目として、この3段目を今度は外ハネリバースで巻きます。さらに、一番表面の髪を少しだけ取って、毛先だけ内巻きにしていきます。これもリバース方向に引き抜きます。このような巻き方をすることで、ふわっと丸い印象になって柔らかい空気感になります。顔周りの髪はリバース方向に外ハネで巻きます。

あとは、逆側も同じように巻き、全体的に巻いていきます。
巻き方としては非常にシンプルで、毛先だけを外・内・外で巻いているだけです。ポイントは、1番下の段の外ハネです。巻くのは毛先だけなので、そんなに細かく分けて巻かなくて大丈夫です。

髪が長い人は32ミリのコテを使ってください。ミディアムぐらいの長さだったら26ミリの方が使いやすいです。
後ろの髪を巻くのが難しいという人が結構多いのですが、大体、肩上ぐらいの位置まで毛束を持ってくると、巻きやすいです。特に、最近の外ハネスタイル、ボブ、ロングボブなどのスタイルは肩上ぐらいに持ってくると、かなり巻きやすくなります。
最後に、全体が巻けたら、1番表面の髪をさらに強調する感じで、少しだけリバース方向に内巻きをしていくと、髪に動きが出て、とても可愛いです。

〈Moii〉~Moiiクリームタイプの紹介~

今回のスタイリング剤は、Moiiのクリームタイプです。
いつもMoiiのバームタイプは使いやすいですよとお話ししているですが、毛量が多い人や、毛が硬い人、癖がすごい人にはバームタイプをおすすめします。
ただ、ウェット感が強いスタイリング剤なので、ベタッとしてしまうとか、つけるのが難しいということがよくあったんです。それがならないタイプがクリームタイプで、今回新しく出ました。

何が違うかというと、だいぶ軽いです。Moiiのバームタイプよりもかなり軽くて、さらっとしています。でも、ウェットのいい質感はそのまま出ます。
だから、まとまりはかなり良くなって、Moiiのバームタイプよりもベタつかないということで、Moiiの夏用でもいいと思います。夏は結構汗かいたりするから、ベタッとするのが嫌とかっていう人だったら、クリームタイプを使ってもいいと思います。猫っ毛や髪が細い人、ボリュームが欲しい人は断然クリームタイプがいいです。

〈スタイリング剤の付け方〉~Moiiクリームタイプのつけ方~

小指大くらいのスタイリング剤を手のひらに出して、まず、手全体に馴染ませます。馴染ませたら、内側から手ぐしをとく感じで、まずは毛先と中間を中心につけます。

手に余ったスタイリング剤を、トップとか、根元付近にもつけてください。
紫外線を防止する効果もあるので、一番紫外線があたりやすいトップにつけるのも効果的です。

全ての毛束にしっかりつけたら、表面は内巻きになっているので、ふわっとしてきます。
ボリュームが出やすいので、リバースフレアよりも動きが出ます。やはり、猫っ毛やボリュームを出したい人はこのMoiiのクリームタイプがいいと思います。

〈アレンジの仕方〉~前髪のアレンジ~

前髪は真ん中で分けて、流しても可愛いし、アイロンで軽く巻いてもいいと思います。

前髪や顔周りを巻く時は、基本的にアイロンのレバーを挟みきらないでください。完全に挟んでしまうと、巻きが強めになってしまうので、少し浮かしてやると一番いいです。少し難しいですが、完全に挟まない状態で流していくのがコツです。

顔周りはとても大事です。僕がよくやるのは、頬骨の部分を少し隠したかったら、前髪をアイロンを鼻まで真下に伸ばして、毛先を、先ほどの挟まない状態で後ろに流すと、中間は顔まわりにかかって、上手に頬骨を隠すことができます。

〈まとめ〉~リバースバルーン巻きのおさらい~

・髪は基本、後ろに流すこと。
・外・内・外で巻き、ポイントは1段目の外ハネ。
・一番表面の髪を少しだけ、リバース方向に内巻きにすると、動きが出て可愛い。
・スタイリング剤は毛先・中間→トップ・根元の順番でつけること。
・前髪や顔周りの髪をアイロンするときは、完全に挟みきらないこと。

〈使用アイテム〉 ~本日の商品ラインナップ~

・ヘアアイロン 26mm
・Moii クリームタイプ

今回は夏にぴったりのリバースバルーン巻きを紹介しました。
次のリバースシリーズは何でしょうね。
ありがとうございました。

ピックアップ記事

関連記事一覧