• HOME
  • Hair
  • バナナクリップ1つで完成!簡単ヘアアレンジ♪

バナナクリップ1つで完成!簡単ヘアアレンジ♪

Hair

こんばんは。LOOPの脇田です。
今回はバナナクリップのアレンジを紹介していきます。

夏の季節、暑いので、髪をまとめることが増えると思うんですが、ゴムで一つ縛りにする方や、バナナクリップを使う方もいます。ゴム1つでおしゃれに見せる一つ結びの方法をインスタグラムであげたりしていたんですが、今回はバナナクリップを使います。今回はバナナクリップ1個で、ゴムもピンも使わないスタイルを3つ紹介していきます。

まず、毛先だけ軽くワンカール、巻きます。髪が硬めの人は巻くのをおすすめします。そうでない人は巻かなくてもいいです。

<ミルボンのジェリーM> 〜しっかりまとめるミルボンのジェリーMの紹介〜

アレンジする前に、ミルボンのジェリーMをワンプッシュ手のひらに出します。これをしっかり髪の毛に馴染ませます。ぱぱっとまとめておきたいときにバナナクリップを使うと思うので、普通あまり手の込んだアレンジはしません。
ただ、1日中持たせたいなってときは、ミルボンのジェリーMのようなワックスをつけるのをおすすめします。そうすると、かなり持続力が増します。

髪をまとめるときに、トップのつむじが分かれないように、髪を後ろにとかしてください。後ろにとかさずにまとめると、ハチが盛り上がって、頭が大きく見えやすいので、しっかり後ろにとかしてください。その方が、後でほぐしたときに、ふんわりなりやすいです。
横に髪の毛を分けている方も、あんまり分け目がつかないようにします。コテをを使わなくてもいいです。アホ毛は先ほどのワックスで抑えます。

普通にバナナクリップでとめると、髪をまとめて、上下で挟む感じになると思います。でも毎日、これでやるとちょっと飽きてくると思うので、そういう時にできるアレンジを紹介します。

<ハーフアップアレンジ> 〜ふんわり簡単アレンジ〜

頭の半分ぐらい、こめかみのあたりから、上の毛を一周ぐるっと取ります。この時、ハチが盛り上がりやすいので、しっかり後ろにとかしてください。
そして、今取った上の毛、細めのハーフアップを後ろで左右の2つに分けます。分けて、交差しながら、下にねじります。3〜4回ぐらいねじったら、それを持ったまま先ほどのもう半分、こめかみあたりから下の毛と一緒に後ろでまとめます。2つ結びの上にねじった部分を足す感じです。
これをバナナクリップで下から挟みます。上から挟むと、ぼろぼろ毛がおちてきてしまうので、下から挟みます。

今、ねじったところが押しつぶされているので、これをほぐします。
最初に作ったハーフアップの部分から盛り上がっているところを指でつまむくらいに細く引き出します。
そして、10cmくらいの高さを出します。少し間を空けながらこの束を何個も引き出します。
あと、トップの部分から束を前に押し出して、ふんわり感を出します。

横から見ると、結構浮いているので、鏡を見ながら、浮いた毛束の間の毛馴染ませます。

前髪は、流す人はそのままでもいいですし、私の場合は髪が軽いので、サイドとの隙間が出やすいので、まとめた後に、もみあげとこめかみから後れ毛を、顔周りに出します。バナナクリップは結構しっかりとまるんですが、後れ毛などを少し出しても固定されているので、引っ張り出しやすいです。クリップは横でも縦でもいいです。

後れ毛を顔周りでくるっとなるようにコテで巻いて、完成です。

一つ結びの上にねじったハーフアップを乗せて、バナナクリップでとめ、それをたくさん引き出すと、ふんわりとした感じのバナナクリップアレンジになります。ほぐしが難しいですが、指先でつまむように毛束を引き出していくと、出来るようになります。

<バナナクリップの長所> 〜跡がつかないからラク〜

バナナクリップの良いところは、跡がつかないところです。
ゴムは跡がつきやすいですし、ピンは取った後が大変なので、持ってない人は1個あると、とても便利だと思います。

<7:3スタイル> 〜アシンメトリーな7:3アレンジ〜

2つ目のスタイルです。分け目を右か左か好きな方に分けます。
7:3ぐらいでバーコードのおじさんのように分けます。
そしたら、編み込みでも三つ編みでもいいですい、簡単なのは先ほどの2本のねじねじです。

7:3に分けたトップの部分の髪の毛を持って、2本に分けます。分けた毛を交差しながら、後ろ向きにねじっていきます。2回ねじったら、ねじねじを持ってる手の親指で、下の毛もすくいながら一緒にねじります。ねじったら、また親指で下の毛をとって一緒にねじります。これの繰り返しです。ポイントは親指をつかってねじることです。
下の方まで結んでいくと、肩が疲れるので、上から持ち替えます。

トップから、下までねじり終えたら、反対側の毛とひとまとめにして、バナナクリップで止めます。ねじったものを崩さないように気をつけて、下から挟んでとめます。片方はねじねじで、もう片方はシンプルな感じになります。

後頭部の毛を少しほぐして、ふんわりさせたら完成です。

とても簡単で、ピンもゴムも必要ありません。カバンにバナナクリップ1つ入れておけば、お出かけ中のトイレの中でも簡単にアレンジできて、便利です。

ほぐしは鉄板の技なんですが、「ほぐしが苦手だな」と思う人はこの7:3スタイルの方が、ほぐさなくても結構ボリュームが出やすく、真ん中だけ少しふわっとさせればいいので、苦手な人は7:3スタイルがおすすめです。

Q.髪の毛が細くて、量が多くないのでバナナクリップで止めるとゆるくなっちゃいます。
A.バナナクリップの種類もたくさんあります。小さくてしっかり止まるものもあるので、自分の髪質にあったものを選ぶといいと思います。クリップのトゲが細かいのだと髪の毛が引っかかりやすかったりするので、選び方を注意するといいです。

<お団子スタイル> 〜毛量が少ない方におすすめのアレンジ〜

3つ目は、毛量が少ない人におすすめのお団子をバナナクリップでとめるアレンジを紹介します。毛量が多い方は、バナナクリップを使うと壊れてしまうかもしれないので、ヘアクリップを使ってください。

まず、さっきと一緒で、髪を後ろにとかします。そして、少し下の方で、真ん中で分けて、
ねじります。ねじったら、ぐるっと巻きつけてお団子状にします。ここで、毛先をバナナクリップのVの字の中に入れて挟みます。
毛量が多い人は、バナナクリップを使うと壊れるので、ヘアクリップでとめます。ヘアクリップの場合は毛先と頭に残ってる地毛の部分を挟んで止めます。ヘアクリップで壊れることはありません。

最後に、細くつまむ感じで、ほぐしてください。

<まとめ> 〜バナナクリップのヘアアレンジのおさらい〜

・ハチが盛り上がらないよう、後ろにしっかりとかすこと。
・ハーフアップアレンジはほぐしが重要。
・ほぐしが苦手な人は、7:3でで分けるアレンジをすること。
・毛量が少ない人は、お団子をとめるアレンジをすること。
・自分の髪質にあったバナナクリップを使うこと。

<使用アイテム> 〜本日の商品のラインナップ〜
コテ

バナナクリップ
ミルボン ジェリーM
ヘアクリップ(毛量が多い人)

今回は、バナナクリップやヘアクリップ1つでできるアレンジを紹介しました。
後れ毛にしっりウェット感を出さないと疲れて見えちゃうので、コテで巻いて、LOOPのボタニカルバターやNドットのポリッシュオイルで抑えるのがおすすめです。
ありがとうございました。

ピックアップ記事

関連記事一覧