春の紫外線には要注意!美肌の保ち方徹底解説!

Body

春の紫外線が一番危険ってご存じですか??春は夏と同じ紫外線量と言われているうえに、気温の変化が大きく、ただでさえお肌の状態を保つのが難しい時期ですよね。この時期にお肌のケアを怠ってしまうと、お肌が大変なことになるかもしれません。美肌を保つため、今からしっかり紫外線ケアを始めましょう。

紫外線の種類

紫外線にはUVB(B紫外線)とUVA(A紫外線)の二種類があります。UVBは紫外線全体の約10%、UVAは残りの約90%と言われています。UVBは、肌が赤くなったり黒くなったりする、主に日焼けの原因になるものです。一方で、UVAはエネルギーはそこまで強くないものの、肌の奥まで届くと考えられています。お肌のハリや弾力のもとになる細胞組織を破壊し、シミなどの原因になるため、注意が必要です。UVBは真夏に一番多く降り注ぎ、UVAは4月から5月など春から多くなります。

紫外線対策

1.室内でも日焼け止めを塗るべし!

UVAは肌の奥まで到達し、真皮層の細胞を壊して肌を老化させる原因になります。そのため、外に出るときには必ず日焼け止めを塗ることが美肌を保つ基本的なポイントになります。また、UVAは雲やガラスなどを簡単に透過するため、曇りの日や屋内にいるときでも日焼け止めを塗るようにしましょう。

2.SPFをチェックすべし!

そもそも「SPFやPAって何の数値なんだろう?」と思っている方、多いと思います。SPFは、UVBに対する防御の数値で、PAはUVAを防ぐレベルを+を使って表したものです。春に気を付けるべきなのはUVAなので、PAの数値に注目してみましょう。日常生活では、PA++くらい、長時間外出する場合はPA+++くらいのものを使うのがおすすめです。

3.日焼け止めの種類を見分けるべし!

日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の二種類があります。紫外線吸収剤による日焼け止めは、日焼け防止の効果が高いものになります。しかし、お肌への負担が大きいため、普段使いをするには注意が必要です。紫外線散乱剤による日焼け止めは、主にファンデーションなどに多く使用されていて、比較的お肌に優しいのが特徴です。軽い外出の場合はUV効果のある化粧下地やファンデーションなどを使い、長時間外にいる場合は効果の高い日焼け止めを使って、しっかり紫外線対策をしましょう。

4.日焼け止めグッズを使うべし!

日焼け止めを塗るだけではなく、日傘や帽子、日焼け防止用の手袋など、日焼け止めグッズを一緒に使うと、大きな効果が期待できます。顔だけでなく、腕や首元なども紫外線ケアすることをおすすめします。

5.日焼けしたお肌には保湿すべし!

紫外線を浴びると、お肌はデリケートになります。日焼けを感じたら、顔はもちろん、体も丁寧に保湿し、アフターケアをしてあげることが重要です。クリームやジェルなど、自分に合ったものをえらんで保湿してみてください!

いかがでしたか?春は意外と紫外線が多く、肌荒れなどにも注意が必要な季節。室内だから大丈夫!曇りだから大丈夫!と油断は禁物です。しっかり紫外線対策をして、美肌を保ちましょう!!

%MCEPASTEBIN%

ピックアップ記事

関連記事一覧