• HOME
  • Hair
  • 初心者さん必見!簡単コテ巻き講座

初心者さん必見!簡単コテ巻き講座

Hair

LOOPの脇田明日香です。今日は初めてコテを使う方に、コテの使い方や、髪の巻き方をご説明していきたいと思います。結構上級者の方はもう知ってる情報もたくさんあると思うんですけど、今一度振り返ってみてください。

コテ巻きアレンジの最初の1歩~コテの温度設定と髪の下準備~

コテ巻きした後に艶っぽく仕上げるために、髪を櫛でとかす。

まず、髪を巻く前の下準備をします。

髪の毛がサラサラな状態で巻いた方が綺麗に仕上がるので、触った時にボサボサとか寝癖が強い方は、くしで毛先が引っかからないように櫛でとかしてください。コテで髪を巻いた時にツヤっぽく仕上がります。

・髪の毛質に合わせたコテの温度設定

髪をとかして下準備が整った後はコテを温めます。

よくインスタでコテはの温度を質問で頂くことがありますが、大体、180度くらいでコテを温めてます。
また、髪を濡らしておいた方がいいのかを質問頂くこともありますが、髪の毛は濡らさないほうがいいです。 髪の毛が濡れてる状態でコテで巻くと、髪にダメージを与えてしまいます。

髪の根元に癖があったら、濡らした後にしっかりとドライヤーしてから髪が乾いた状態でコテで巻いてください。
コテの温度は180度が一番手早く綺麗にクルンと巻けるので私はそうしてるんですけど、初心者の方で失敗したらあとで直しにくくなるので、初心者さんでまだ手際よくない方はコテの温度を160度くらに下げておくのがオススメです。

コテ巻き初心者の人ための失敗出来る温度設定

猫っ毛の方や、跡が付き易いくせ毛の方もコテの温度は160度がオススメです。
180度は髪の毛が硬い方や、初心者を卒業してコテ巻きに慣れてきた方なら綺麗に巻きやすいと思います。
コテの温度を200度にすると髪の毛がダメージを受けてしまうので180度がおすすめです。

髪の毛を傷めないためにオイルでコーティング

コテの温度を180度に設定した状態で、髪に直接ヘアアイロンを当てると髪の毛が傷めやすいので、私はいつもN.のポリッシュオイルをつけています。

ポリッシュオイルを最初につけることで、髪を熱のダメージから守ってくれて、巻いた瞬間からすごく艶っぽく仕上がり、髪の毛のカールのモチがいいです。
私の髪はパサッと乾燥しやすいので、オイルなどを付けてから巻いてます。

市販の水気のある巻き髪ウォーターを使ってる方は、髪の毛が濡れちゃうのでドライヤーで乾かしてから巻いてください。今日は髪の毛先だけを巻くので、毛先だけにN.のオイルを付けました。

コテ巻き初心者でもできる綺麗なワンカールヘアのつくり方

初心者にでも簡単内巻きワンカールの準備

初心者向け第一歩ということで、毛先を内向きにワンカールする方法を紹介していきます。毛量が多い方は、どこの部分からどう巻いていいか分からないと思います。
まずは、髪の毛全体を上下に分けます。こめかみあたりから、指で地肌をナゾリながら後ろまで来たら、ダッカール(ヘアピン)で真ん中部分を留めておきます。
まずは髪の下部分を巻いていきます。

コテの持ち方 / 動かし方

手で挟める量の髪を持ち、反対側の手でコテを持ちます。
コテに掛ける指は3本か2本です。親指はコテの下に添えて、残りの上部の指でコテの開閉部分をパカパカ操作出来る状態にしましょう。

 コテのパカパカ部分を上向きになるように構えて下さい。

内巻きにする最初のポイントはコテを毛先までスライドさせてから巻く

髪の毛の真ん中部分から、コテで挟んでそのままシューッと下にスライドさせます。
コテに挟まる毛の部分が毛先まで来たら、毛を内巻きにクリクリクリっと巻いてパッと放します。
そうすると内巻きにワンカールができます。

Q.内巻きカールした後に、髪の毛が前方に傾いてしまうという質問ですね。 A.根本の生えぐせも関係してきますが、髪の毛真ん中部分から挟むといいです。  

コテ巻き初心者の方に多い失敗例

コテ巻き初心者の方がよくやってしまう失敗例は、コテをスライドさせてきた際に、髪の毛先まで到達せずに、途中で内巻きをいれてしまった場合は毛先がぐちゃっとなり、折れ曲がってしまういます。 

なので、途中から挟んで毛先まで到達してからクリクリクリっと巻いてください。 毛先が折れてしまうと、後でヘアアイロンで伸ばしても直り辛くて、一回濡らしてドライヤーで乾かさないといけないので、初心者の方は特に気をつけてください。

もう一つ失敗しやすいのは、コテの向きがわからないというのです。 コテのパカパカ部分が外側に向くように持って、巻き始めましょう。

逆向きに巻いてしまうと、ぱきっと折れてしまうので、向きにも気をつけてください。 コテが滑りにくい人は、ちょっとずつ挟んで開けてを繰り返しながら毛先まで進めていって大丈夫です。

 後ろの毛が長い方は前に持ってきて巻けばいいんですけど、ボブやショートヘアの方などで毛を前に持ってこれない方は、コテを頭皮にあてて火傷にしないよう気をつけながら、手探りでやっていきましょう。

コテ巻きアレンジが左右対称にするためのコテの使い方

初心者の方でコテ巻きのヘアアレンジ後に左右が非対称になってしまう方がいますが、多分、コテの持ち方が原因だと思います。

 ポイントは利き手が内巻きカールを掛けた角度と対称になる角度で逆の毛もカールしていけるようにします。
逆側のをカールしていく際に、肘を下げるとカールする方向が違う方向に流れてしまいまうので、肘をあげてコテのおしり部分を上げるとうまくできます。
真ん中から挟むときの注意点として、挟んだときにコテを強く握ると線状の型がついてしまうので、気をつけてください。

縦巻きで失敗しない前髪のつくり方

次に、前髪を巻いていきます。 わたしは前髪長くて顎まで長さがあるので、センターパートで分けようと思います。

前髪をコテ巻きするポイントは縦巻き

センターパートで分けて、さらっと流したいときの巻き方をやります。 前髪を巻くときにも、コテに指を三本掛けて下さい。

で、さっきはコテを横向きに巻いていましたが、前髪をアレンジする際には縦巻きにします。 縦の方がコテがスムーズに滑りやすくて失敗しにくいです。 毛を持って、コテのパカパカ部分を内側にして巻いていきます。
真ん中から挟んで、先程と同じように毛先までスライドさせた後は外側に放してください。 これを後で手ぐしすると、さらっと流れます。

今回は熱がしっかり入ったので、ゴージャスっぽい感じに流れました。 反対側は少しナチュラルにします。 同じ縦巻きでも、熱を軽く当てるのとしっかり当てるので前髪の雰囲気が大分変わります。

コテ巻きのQ&A

今日は初心者向けにコテ巻きをやってきました。 もしなにかあればせっかくのライブ配信なのでお伝えできるかと思います。

Q:「コテは32mmですか?」

A:そうです。ワンカールもできるし、しっかりも巻けるので初心者の方はこれがおすすめです。

Q:「向きと角度がわからなくなる」

A:左右対称にするなら反対の手使えればいいんですけど難しいから、鏡見ながら左右対称にしてください。

Q:「ブロッキングのときにカーラーは必須ですか?」

A:カーラーやるときはそんなにブロッキングいらないです。
カーラーは毛を取ってふんわりさせたいところを巻いていくって感じですね。

Q:「利き手の右側がわかんないです。」

A:確かに肘が詰まるので横らへんやりにくいと思うんですけど、体から離して巻くとやりやすいです。

Q:「よく毛先おれてしまいます。」

A:慣れるまでは鏡見ながら毛先の位置を確認しながらやってください。

Q:「頭ひとつ抜いてくるくるをやってください。」

A:これ最近よく見るんですけど、真ん中で巻いてコテを下にずらして抜いてください。それを繰り返すとこうなります。

Q:「髪の長さがそんなにないので肌に近づくとアツってなります。」

A:ボブとかだと上に離して巻くことはできると思います。短いところはコテで巻く必要があんまりないと思います。太いコテでがんばって巻こうとすると、火傷しやすいのと、どっちにしろ上から毛がかぶってくるので、中は放置で上だけ巻いて時短でいいと思います。

Q:「左右の内巻き外巻きがわからなくなります。パカパカが前で始めたら外巻きであってますか?」

A:そうです。リバースっていって、外からの毛流れができてるので、これは外巻きです。内巻きはパカパカが後ろのときです。始まりが内から入ってくるのが内巻きです。

LOOPボタニカルバターのご紹介

LOOPボタニカルバターの紹介をします! これは今愛知県江南市のLOOPの店頭かsalomee LIVEでしか手に入らないので、これ欲しくて待ってたって人はボタンを押して買ってください。

数量限定なんで早めに買わないと売り切れちゃうと思います! 早速付けたいと思います。 LOOPボタニカルバターは天然由来の成分で作られています。

LOOPボタニカルバターの使い方

固形になっていますが、少量指先に取って手のひらで伸ばすと低体温でとろとろっと溶けるので、ツヤ感出すのと、私のような乾燥しやすい毛先にめちゃめちゃいいです。 バームとかオイルとか、頭の天辺から下に向かってつけるのは絶対にNGで毛の内側から付けてください。
お風呂入ってない人みたいな感じでベトベトになってしまいます。 特にこれから梅雨で広がりやすい時期とかは内側から付けてください。 一番保湿したいところやカールさせたいところに最初につけるといいです。

スタイリングの付け方は髪の毛の内側から通す

初心者の方はスタイリングの付け方もわからないと思うんですけど、手にまんべんなくのばすっていうのが大事です。 外からつけると塊でゴテっとつきやすいので、内側から通すようにつけて、カールのときは毛先を握るようにスタイリングしてください。

ツヤ感と濡れ感と細い束感がちょうど程よく出るので、私は大好きです。 しっかりつけるとカールもとれないですし、アンチエイジング効果とUVカット効果があるので使いやすいと思います。
アレンジ前とか、前髪の細いところとか後れ毛とかにもしっかり付けてください。これらがパサついていると疲れてるようにみえるので、最後に手に残ったものを伸ばして付けるのがおすすめです。
今っぽい質感にもなります。

本日の商品ラインナップ


今日使ったアイテムは、

  • 32mmのコテ L コテの温度は180度、初心者の方は160度でも可
  • N.のポリッシュオイル L ツヤ感出すのに最高です。
  • LOOPボタニカルバター L 

これは保湿です。ぜひ使ってください! 今日はご視聴ありがとうございました。お疲れ様です!  

salomee での配信動画

関連記事一覧