• HOME
  • Nail
  • 安全安心なマシンケア(エクセレントマニキュア)、簡単ビュジュー&埋込アート

安全安心なマシンケア(エクセレントマニキュア)、簡単ビュジュー&埋込アート

Nail

今回はエクセレントマニキュアの簡単な使い方と、ビュジューアートと、簡単なコペルで作る簡単なアートをしていきます。

エクセレントマニキュアの使い方

エクセレントマニキュアを使用して、ケアしていきます。
先にプッシュアップします。
今回もこちらのアイシェープを使っていきます。

アイシェープは充電の状況がわかりやすく、回転数もはっきり目で見てわかるので、今自分が何回転で使っているかの確認にもなります。

エクセレントマニキュアのビットを使った簡単なケアをしていきます。

シードスモールを使った角質取り&プッシュ

一番最初に使うのはこちらのシードスモールです。
こちらをキューティクルと甘皮と爪の間に先端を入れ、爪についてる角質を取っていきます。コーナーからサイドまでむかっていって逆回転して反対側もしていきます。

このときに爪に力を入れないようにしてください。プレートの爪の上を滑らすようにかけてください。押し上げ用のリットの様な感じです。
1回かけただけですが、同じところをかけるとさっきよりダストが粉が出てないません。粉が出てないということは、爪を削っておらず、爪の表面についているルースキューティクル、つまり、爪の表面についてる角質を取り除いてるっていうことになります。ですのでこのビット等を使って何回も何回も粉が出る場合は、爪を下方向に圧を強くかけてしまっているということになります。

シードラージを使ったサイドの角質取り

キューティクルを押し上げたら、次にスモールより先端が長く細いラージを使っていきます。

スモールよりも先端が細くなっているので、キューティクルの部分ではなく、爪のコーナーをちゃんと目で見て確かめながらかけていくビットになります。目で自分がきちんと取れているのを確認しながらかけられるビットになるので全く怖くありません。痛みもないです。触りも優しくなっています。

どちらかといえば、キューティクルよりコーナーを取っていき、サイドの角質を取ることに使います。

シードドロップを使ってラインを整える

次にドロップです。
先端が丸くなってるので、回転しながら手で触っても全く痛くありません。ですので角質やハードスキンに不安がある人はこれで行っても良いと思います。
爪のサイド等、左右対称に上がっていなかったりすることが多いため、その上がり等も逆回転で使用し、ラインを整えていきます。
シードとスモールとラージでたちあげたものを、こちらのドロップでラインも作る感じです。

次にボールを使用して甘皮の取りきれなかったところを取っていきます。

<キュートレル>ネイリストさん必見!マシンの潤滑剤&ダスト軽減もできちゃう万能品!

このマシンをかける時に、マシンの滑りを良くする潤滑剤の様な役目があるのがこのキュートレルです。

これを使うとマシンのダスト軽減にもなります。また、硬化熱も抑えられます。
マシンを使ってると粉が多く舞ってしまいお客様にも良くないため、使う度にキュートレルを爪に塗り、マシンをかけるとよいでしょう。あたりも柔らかくなり、滑りもなめらかになるので、マシンの使用が初めての人でも挑戦しやすいと思います。肌に優しい成分も入っているので施術後もすべすべになります。

次に、ユーフォーミニです。

こちらも今までのビットと同じようにかけていきます。
こちらも爪のサイドの角質に軽めのタッチで当てていきます。甘皮が広目になってる人では沢山取れたりします。これもあまり痛くありません。爪にあたる音がしていますが、軽いスポンジで削っているのと同じくらいの傷しつきません。表面の艶を取る程度にします。
爪のサイドのささくれ等は後でニッパーで切っていきますが、全部をこのビットで取るのではなくニッパーを手伝う要領で使用します。

シードシャトルを使って爪周りをぷるぷるに

最後にこの大きいビット、シャトルを使います。

これで爪の周りの角質や指のサイドの皮膚の硬いところにもかけていくと、つやつやぷるぷるになります。こういった部位はビットで取りきろうとして変にやりすぎてしまう場合もあるため、全部を取りきるのではなくニッパーのお手伝いとして使用しましょう。

ウォーターマニキュアの時でも使えますが、ニッパーをやるお手伝いのような要領です。ニッパーを使用する不安感や、ニッパーで時間がかかったり角度がわかりづらい場合があるときは、このビットを使ってケアをするとニッパーもほんの少し使えばいいだけになります。

簡単で爪に優しいビットで、基本的に角がないので、強く切ってしまうこともないですし、あたって角で切ってしまうことも全然ありません。あたりも優しいので初心者の方にも扱いやすいビットだと思います。
爪甲のサイドの根本の固いところも、キュートレルを塗って角質も取れます。基本的にあたっても全然痛くないので怖くないです。

②コペルの使い方と、簡単なアート

最初にベースジェルを塗ります。
ベースジェルはお手持ちのお好きなジェルで大丈夫です。お手持ちのジェルに合わせられるのがコペルです。

ジェルで接着可能なペキナで長さ出し

長さ出しはペキナで行います。
上からコペル等をするので、ペキナは一回り小さめのチップを選んでください。
接着に使用するのはモールディングジェルです。
今回はコペルの長さ出しなので、ペキナで長さを出していきます。

先端にチップをオンしていきます。

1回硬化を入れてください。
ペキナはグルーではなくジェルでつけていきます。

爪がぼこぼこしている人はグルーだと接着が悪い場合がありますが、ジェルでつけていくのできちんとぴったりとつくことができます。
もともとペキナの先端はくちばしみたいなカーブになっているので、後からの形もとても塗りやすくなっています。
硬化したら長さをカットしていきます。

ペキナの形を整えていきます。

ゴールドカーバイトコーンでペキナの調整

軽く形を整え、ペキナはチップなので自爪との段差が少しできてしまうので、その段差の部分を削っていきます。
今回もこちらのゴールドのビットを使って段差の部分を削ります。これも先端が丸くなっているので皮膚にあたっても痛くなりません。
初めてのビットのときにエンシービットよりも怖くないという方が多いです。
デモで自分で体験して、触って目で見て、その利便性を実感される方が多いです。

このような感じになりました。

今回もペキナで長さが出ました。とても早くできます。
ワンタッチで爪の長さだけ出したい場合では、このままフィニッシングして上からコーティングし、その上にカラーリングでも大丈夫です。もちろんこの上にコペルをしても大丈夫です。
この上にフィニッシングで仕上げるのが一番簡単で早いとは思います。

オリジナルラメとフィルムを使った埋め込みアートを施す

ベースに今回も埋め込みのアートをしていくので、ベースにカラーを引いていきます。

こちらの可愛いビアのオリジナルラメです。

お店で大人気です。小さい細かい粒や大きい粒が沢山入ってるので、例えば色を塗ったときにムラになった場合に、ごまかせるのが魅力です。

次にフィルムを爪に乗せていきます。よくあるフィルムをカットしましたが、これなども自分で埋め込むのは大変だと思います。このフィルムと、この当店の大粒ラメたちを入れて1回硬めます。

今普通にラメ入れただけですが、この上にコペルをすることによりかなり奥行きがでるので、通常のラメをして普通にコーティングするよりも、コペルをしたほうが断然輝きが違います。

コペルをチップの裏側に入れていきます。先ほどの上からコペルをしていく感じです。

UVライトを当ててコペルを固定させる

全体に着けたら、ライトに入れます。
ライトの下でやっていただいてもいいのですが、今回は前回と一緒でサブライトの下でやっていきます。
お客様にやるときはサブライトの下で連続で4本とか5本つけて仮止めして、そのあと本ライトに入れていただいても大丈夫ですし、慣れてきたらライトの下に空洞作っていただいてその下でコペルをやっていただいても大丈夫です。
一度本ライトに入れます。

普通のジェルだとコーティングされてます。
硬化したらチップを取り外します。表面が滑らかで未硬化が出ないので、この後のファイリングにも影響なく手もべたつかず、お客様に触られても問題ありません。表面が均一ではなかった爪が、こんな感じで滑らかになります。このコペルをしたことによってフィルムやラメが輝きます。

コペルの使用により奥行きが出るため、夏には天然石みたいなアートも可愛いと思います。

マシンを使って爪のサイドの段差を調整する

コペルを爪の根元から使用したのでこのまま大丈夫だったらトップジェルもしくは爪のサイドにできた段差を先ほどと同様のマシンで削っていきます。
コペルを着けるのに、チップなのでどうしても外したときの段差が少しでてしまいます。
爪の根元など、もし漏れてしまった場合でもあたっても痛くないので安全に整えられます。
このビットは先ほどのエクセレントマニキュアとドロップと一緒で痛くありません。
先端が丸くなってるので全く痛くないし怖くありません。

形も整えたのでエタノールでダストを取ります。

コペルの上からさらにネイルアートを施す

このまま仕上げてフィニッシングでも綺麗ですが、今回はここにラインをします。

コペルの上に手早く線を引いていきます。
わたしが使っているジェルもライナージェルなので流れないようになっていますが、元々未硬化もない状態の上に書いているので全然流れません。
表面に未硬化があったりすると、そのジェルの種類によってはにじんだり流れてしまう場合もあるかもしれません。
今回は少し硬めのジェルを使ってるのもありますがコペルは元々未硬化がでないので、その上にアートをしたりとか細い線を引いたりするのも簡単です。
爪のサイドも線を引いていきます。

1回ライトに入れます。
この上にフィニッシングをしていきます。フィニッシングでさっきのちょっとした段差や、爪のサイドの足りない部分とかを覆っていきます。
もう1度ライトに入れて硬化させます。

フォームがきちんとあって爪につけて剥がすので、このままの形が確実にできます。

面が不均一だった爪がとても綺麗になったり、非常に痛んでる爪でももちます。
今まででネイルの持ちが悪い方には、最初1本お試しをしてみると良いかと思います。持ちがいいのとフォルムに強度があり、形がとてもきれいなのでお客様に大変喜ばれます。

Q:ライナー筆はどこのですか?
A:頂き物です。わたしはこういうのを書くときに枝が長めのが好きです。最近は今回使用したような長さの筆を使っています。

その他のコペルの上にアートをしたチップです。

黒でラインを書くとシックな感じです。
お花等を全部書くのに、未硬化が出ない上に、にじまないので書きやすいです。
シルバーラインです。
これも普通のラインですが、未硬化が出てないので書きやすかったです。また、ネイルの全体ではなく先端だけフレンチでやってあげても可愛いです。

③簡単ビュジュー

ビュジューアートです。
いくつかのストーンが一塊になっている、可愛いビュジューアートをチップの上で作っていきます。

ビュジューアートを作るのに使用するのはトレスです。トレスをチップの一部に盛ります。

作るときはフラットフォームのほうがいいかと思います。

あまり大きくしすぎず、いくつかストーンを置いて調度良い大きさにして、作り置きをしておきます。
これを1回ライトの中で硬めます。

このリボンのストーンにはカーブがついているので爪にフィットして隙間なく置ける感じになります。
いくつかのストーンを一塊にした状態で何個か作っておき、お客様に選んでもらいます。

さっき作り置きしたビュジューにはチップのカーブがついているので、このまま爪にのせても隙間なく埋められます。ぴったり全部隙間がなくついているのがわかります。

全体的に全部小さくしても、ネイルの上からでない程度のサイズだったらそんなに邪魔にならないと思います。

最後にトップを塗っていきます。
ストーンもキラキラなのでお客様にも喜んでいただけますが、合わせてもらっても可愛いです。

今回はエクセレントマニキュアを使いました。

エクセレントマニキュアも綺麗になります。
次回はケアかデザインか、行っていきたいと思います。お楽しみにしててください。
ありがとうございました。
さよなら。

ピックアップ記事

関連記事一覧